東京都不動産協会は会員の皆様の業務を応援します

沿革

1992年(平成4年)
3月
任意団体東京都不動産協会設立総会を開催
4月
任意団体東京都不動産協会発足 会長に加藤茂氏が就任
1996年(平成8年)
2月
会長に只野荘平氏が就任
6月
社団法人化に向けて関係機関と調整を開始
1998年(平成10年)
6月
会長に清水修司氏が就任
10月
「社団法人 東京都不動産関連業協会」設立総会を開催
12月
東京都知事の許可を取得
「社団法人 東京都不動産関連業協会」が発足
会長に清水修司氏が就任
2000年(平成12年)
9月
TRAフォーラム21を開始
不動産ビジネス研究会を開始
10月
(社) 日本建築士会連合会と「住宅検査・保証制度」を提携
11月
東京都との提携事業を開始
2001年(平成13年)
3月
東京都と都有地処分の媒介に関する協定書を締結
2002年(平成14年)
6月
会長に阿部義正氏が就任
2003年(平成15年)
6月
会長に川口貢氏が就任
2004年(平成16年)
3月
事務所を全日東京会館に移転
2009年(平成21年)
6月
会長に堤智氏が就任
2011年(平成23年)
6月
会長に石原弘氏が就任
12月
一般社団法人へ移行
2013年(平成25年)
6月
会長に中村裕昌氏が就任